健康のことなら!

リタリン

リタリンは、ADHD(注意欠陥多動性障害)の薬として知られていますが、塩酸メチルフェニデートを含む医薬品です。難治性・遷延性のうつ病やナルコレプシー(睡眠障害)の治療薬でもあり、向精神薬と言われ、慢性疲労症候群にも有効と言われています。
米国生まれのリタリンは、1954年に特許が取得され、現在ノバルティス社 (Novartis)で生産されているメチルフェニデートです。アメリカ合衆国では、ADHD、うつ病、慢性疲労、ナルコレプシーなど、多くの疾患に適応され、全世界の約85%を消費しています。
最近では、日本でも子供の注意欠陥・多動性障害のADHDが増えてくるようになり、リタリンが注目されるようになりました。しかし日本では、乱用の危険性および医療上の有用性の程度によりり第一種から第三種まで分類され、リタリンは最も危険性が高い第一種向精神薬となっています。
リタリンの服用に当たっては厳重な注意が必要となります。リタリンを簡単に処方する医師は少ないと言われますが、頭痛、口渇、目のかすみ、嘔気、神経過敏、などの副作用が報告されており、医師の指導の下で服用することが重要です。


RSS関連リンク
不安
スイッチにもなっていたリタリンがなくなると思うと怖いです。主治医の話によると、子供には新薬の徐放剤が処方できるそうですが 厚生労働省は成人ADHD・ADD患者については無視しているそうです。リタリンはこれから先、ナルコレプシーとして診断された患者のみに、

おもちゃ王国
は、一カ所に置いて置くのが、P助流。母も、片付け下手。抑うつと分かるまで、私は『片付けられない女=ADHDでは?』と、暴走勘違いをしていた。そして、母の主治医曰わく… 『性分だから、病気の為じゃないから気にし

健康クラブ | クスリ