健康のことなら!

白内障手術

白内障の治療薬は、白内障が進行するのを可能な限り遅らせるという働きをするものです。進行してしまった白内障は、手術で取りのぞくというのが一般的な治療法です。手術のタイミングは人それぞれですが、基本的には日常生活で不自由を感じるようになった時ということになります。
白内障の手術ではまず、黒目と白目の境にあたる部分をわずかに切開し、水晶体の前にある膜をごく小さな円形に取ります。そこから水晶体の中身を乳化吸引し、空になった水晶体嚢の中に、今度は直径数ミリ程度の大きさの眼内レンズを折りたたんで挿入することになります。
白内障の手術を受けた後で注意すべきなのは、どのような点でしょうか?手術直後には、目が充血したり、目がゴロゴロしたりすることがあります。また、涙がでたり、目のかすみを感じたりするケースもあるようですが、たいていの場合これらの症状は、1〜2週間程度で治まってきます。
白内障手術で視力を回復しても、目の状態が安定するまでには1か月以上かかると言われています。せっかくの手術も、術後の療養をしっかりしておかないと、効果が台無しになってしまう恐れもあります。定期的な診察を受けるとともに、少しでも気になることがあったらすぐに受診した方が安心でしょう。


RSS関連リンク
サングラス
白内障の手術をした母。当分直射日光にあたらないよう、 サングラスが必要らしい。と言う訳で100円で買ってきました、サングラス。母「ええ!?これ!?」 やぐも「タモリみたいなの?つったらうんつってたじゃん。」 母「こんなんじゃないわよ

健康クラブ | 病気