健康のことなら!

マイコプラズマ

マイコプラズマ肺炎の病原体であるマイコプラズマは、人、動物、植物に広く存在していますが、人に呼吸器感染症を及ぼすのはマイコプラズマ・ニューモニエと呼ばれているものです。以前は4年に1回流行していましたが、現在は年、季節に関係なく流行しています。
マイコプラズマ肺炎の症状は、最初は発熱や頭痛全身倦怠が3-4日続き、その間に咳がだんだんひどくなってきます。熱がさがったあとも、せきだけ長く続き痰に血液が混ざってくることもあります。ひとにより治り方が異なります。早期発見・早期治療が望まれます。 
マイコプラズマ肺炎の治療方法は現在のところ、ミノマイシン、ミオカマイシン、ジスロマック,クラリスなどの決まった種類の抗生物質しか効果が無いといわれております。対症療法で鎮咳去痰剤を併用します。
マイコプラズマ肺炎に対するワクチン(予防接種)はつくられておりません。したがって、インフルエンザなどと同様に流行期には、マスクをして人混みを避け、帰宅したらうがいと手洗いを行うことが大事です。


RSS関連リンク
うみどき
香港に行ったはいいのだけど(※会社一週間休み) 息子が肺炎・水疱瘡になり(※会社一週間休み) 大変な11月でありました。はじめて母に助けを求めて しばらく滞在してくれることになったので 来週は出社できそうです。(ちなみに香港中はダンナさんのお

ドタバタしました?
のに、休み明けにやっぱり風邪を軽く見てはいけないと言って私が病院へ連れて行ったらその時には肺が真っ白の重症の肺炎になっていて即入院。それきり病院での闘病生活が始まったのです。ですから、身近にお年寄りのいらっしゃる皆さんはよくお年寄りの

健康クラブ | 病気