健康のことなら!

グルコサミン

グルコサミンは、ブドウ糖から合成されるアミノ酸の一種で、軟骨に水分を閉じ込める物質(グルコサミノグリカン)の合成に必要な材料となり、これらの物質の生成を促します。もともとは体内で合成されるのですが、老化と共にグルコサミンの合成力とその働きが弱まるので、軟骨がすり減り易く、痛みを生じるようになります。グルコサミンは軟骨の主要構成物質の生成に欠かせない成分で、磨り減った軟骨の修復・再生に欠かすことができません。
グルコミサンと同じように関節によいコンドロイチンは体の細胞が元気に生存できるように、体組織に水分や弾力性などを与えています。コンドロイチン は、体内で生産されるのですが、成長期を過ぎて年齢を重ねていくと、だんだんと生産されなくなってしまい欠乏症を招きやすくなってしまいます。そして肌のみずみずしさや弾力性、関節と関節の間にある「関節液」などが不足し、ひじや膝に痛みが生じるなどのトラブルを引き起こしてしまいます。
骨と骨をつなぐ緩衝材「軟骨」は65〜80%の水分とコラーゲン、プロテオグリカンの三つが主成分で、このうち一つでも欠けると軟骨の健康は損なわれます。コラーゲンは軟骨の他に、皮膚や腱、骨などからだの重要な組織の材料でもあります。プロテオグリカンは、たんぱく質と糖分からできた巨大な分子で、水分を吸収する性質があり、関節の動きに合わせ伸び縮みできるはたらきをします。関節の痛みの原因の一つに、加齢や激しい運動などによる軟骨の消耗があります。
関節痛予防には特に骨の関節軟骨部分にも多く含まれ加齢と共に減少するグルコミサン・コンドロイチンが必要です。予防や日々の健康を保つ程度なら、グルコサミン・コンドロイチンを比較的多く含んでいるねばねば食品の、ウナギ、ふかひれ、干しえび、山芋、おくら、牛、豚、鶏の軟骨、鶏の皮などを食べるようにすると良いでしょう。しかし、加齢とともに体内でつくられる量が減少しますので、外部からサプリメントとしてグルコミサンコンドロイチンを補給してやることが望ましいのです。


RSS関連リンク
初日記。
初めて日記書きます。正直何を書いてよいものやら・・・。今日、DHCでお買い物しました。最近あまり体調がよくないのと、膝の調子が悪いので、マルチビタミンやグルコサミン、その他いろいろ総額8500円くらいかな?1つ1つが安いから、ついついいろいろ買っちゃう

なぜか軟骨はほとんど再生しない!
するんだよ」と、ちょっと非科学的な代替医療の先生に出会うと、すっかりその気になったりするケースが後をたたないのです。グルコサミンで、軟骨が修復するというデマも、ありますし、こまったものです。軟骨は基本的に再生しません!!爪や髪の毛とは
健康クラブ | 健康食品・ドリンク