健康のことなら!

フコイダン

フコイダンとは、もずくやワカメ、コンブなどの海藻独特の「ヌルヌル成分」です。このヌルヌル成分は、海藻の葉の粘膜管から分泌され、葉や茎が痛んだときに、そこから細菌が進入しないように防いでいます。フコイダンという物質そのものは、約100年前に発見されていたのですが、ほとんど人々には知られてはいませんでした。しかし、2002年テレビ番組などでたびたび取り上げられてから、注目されるようになりました。
シーフコイダンとは何でしょうか?シーフコイダンは、もずくからとった超低分子のものを指し、副作用のない安全な天然素材であることや、9種類の必須アミノ酸やビタミン、ミネラルを多く含むことなど良質なフコイダンとして注目されています。シーフコイダンのヌルヌル物質は、胃の粘膜と同じ状態になるので、胃の粘膜と同化しやすく、より吸収されやすいのが特徴です。
私たち人間の身体の細胞は、新陳代謝によって常に新しい細胞と古い細胞が入れ替わっています。正常な細胞には、一定の期間が経つと、自ら死んでいくように遺伝子情報の中に書き込まれているのです。この細胞が自ら死んでいく作用のことをアポトーシスといい、アポトーシスが働かなく細胞、それがガン細胞なのです。フコダインは、このようなガン細胞を崩壊に追い込む物質として注目されています。
フコイダンの飲み方です。フコイダンは海藻類(褐藻類)から抽出された健康食品ですので、薬と違い厳格な用法や用量はありませんが、知っておきたい効果的な飲み方と保存方法について説明します。フコイダンは空腹時に飲むと吸収率が高まります。このため、液体タイプの場合、1日4回ほどに分けて、よく振ってから食前・食間の空腹時に飲むとよいでしょう。特に起床時と就寝時に飲むと、より吸収率が高まります。具体的な飲み方は、飲む際には、口にふくませ、ゆっくりと流し込むように飲むようにしてください。飲用期間については、難病改善が目的の人は、約1カ月から3カ月を目安に飲むことをおすすめします。保存方法については、液状タイプのフコイダンは、直射日光が当たる場所を避けて、開封後は冷蔵庫に保管しましょう。パウダー・錠剤・カプセルタイプのフコイダンは、直射日光が当たる場所を避け、常温で保存してください。


RSS関連リンク
フコイダンとアレルギー抑制効果 2
(食品化学新聞 2005.12. 8) 近年 フコイダン の持つ 生理活性 効果には、世界各国から広く注目を集めています。メイトーファインフーズでは、 フコイダン の アレルギー 抑制効果と 血清脂質 改善作用の二つの効果について、深く研究が進められています。フコイダン が持つ 生理活性 の中でも特に

フコイダンとアレルギー抑制効果 1
フコイダンを強化し、アレルギーの抑制効果を狙った研究も進められています。(食品化学新聞 2005.12. 8) フコイダンの抗アレルギーの研究に力を入れているのは、メイトーファインフーズ(旧・協同乳業食品素材部)。「メイトーフコイダン」の名前で発売されるフコイダン商品は、モズク由来のフコイダン

フコイダンの効果は??
いつもご覧いただきありがとうございます。サプリメント サポート です。フコイダンの生理作用について。。。でもコレは効果を保障するものではありません。
健康クラブ | 健康食品・ドリンク