健康のことなら!

ゴルフシューズの選び方

ゴルフシューズに超こだわりを持つツアープロゴルファーがいます。なんと1週間で靴代が40万円。その名は、横田真一プロ。1足8万円もするゴルフシューズを毎試合、5足も持ち込んでいるといいます。皮でできているこの靴は、「とてもデリケートなものだし、1ラウンドすろとゴルフシューズないは湿気をかなり含むので、靴を休ませて上げなければいけません。だから練習日も入れると最低でも5足は必要なんです」とのこと。ここまでアマチュアはこだわれませんが、いかにプロは足元を大事にしているかが伺えるエピソードでした。
ゴルフシューズの大切な機能は、グリップ力です。昔はそのグリップ力を発揮するために金属スパイクの靴が主流でした。今は、グリーン保護のためにほとんどのゴルフ場が金属スパイクシューズは使用禁止です。今の主流は、ソフトスパイクシューズとスパイクレスシューズです。ともにグリップ力、堅牢性とともにスウィングの体の軸を正しく保ってくれる機能を持っています。足元がしっかりしたスウィングからは、安定した打球が生まれます。
ゴルフシューズを選ぶとき、何を基準にすればいいのでしょうか?特に初心者がシューズを選ぶときは、弱い足をサポートするために安定性の高いものを選びましょう。安定性と重さには相関関係があり、クッションと安定性を重視すれば、当然重くはなってきますが、バランスのよいシューズは重さを感じさせません。それからサイズも重要です。つま先が窮屈なシューズを履いていると指先を傷めてしまいます。ラウンド中は必ずむくみますから、ゴルフシューズを履いたとき、つま先と靴の先との間に1pくらいのあそびがあるものを選びます。そうそう、足は昼間より夕方の方が大きくなります。このことも考慮に入れて、いろいろなメーカーのシューズを実際に履いてみることが大切です。では、お勧めゴルフシューズはこちらです。
タイガー・ウッズ選手2007年着用モデルの「ナイキ SP-8TW ツアーケージSL」 タイガー・ウッズ選手のコメント:「今まで履いた、どのシューズよりも安定感があり、力を支配できる。右足はしっかりと踏ん張れ、左足は前方向にスムーズに回転しやすく、そのバランスが非常に良い。インパクト時にパワーが伝わるのを確かに感じるよ。」 エアが入ってクッション性は抜群です。裸足の感覚で地面とコンタクトできるので 足裏の動きに自然に反応し、スイング中スムーズなウエイトシフトが行えます。そして”歩く”という動作を足裏の内側と外側、および前後がそれぞれに対応し快適にサポートする、”Power & Comfort”を実現した革新的なアウトソールです。ただし、つま先が狭めなので足幅の細い人むきかなー。、


RSS関連リンク
ゴルフシューズ 選び方
そのビビッている「自分の両腕」に対して、ムチャクチャ腹が立つー!パットは平常心でいるのが難しいです。でも全打数の半分がパットならば、パットをちゃんと練習しなきゃ、いけませんよね。 新品のゴルフシューズも活躍してくれました ...(続きを読む) ...

シューズ!
ただし、ナイキに限らず、ゴルフシューズの選び方は慎重にしたほうがよいと思われます。 なぜなら、足の形、サイズは人それぞれで、 ナイキのシューズが合わない、という方もいらっしゃるのではと思うからです。 なので、購入を検討する際には必ず一度 ...

健康クラブ | スポーツ