健康のことなら!

マウンテンバイク

マウンテンバイクとスポーツといえば、思いつくのはレースくらいでしょうか。日本国内で年間30〜60万台、累計では500万台ものマウンテンバイク(MTB)が販売されているそうです。(社団法人 自転車協会(BicycleAssociation)調べ)プロのアスリートだけでなく、一般の方でもマウンテンバイク(MTB)を娯楽という生涯スポーツとして楽しむ人が増えてきている証拠です。
マウンテンバイク(MTB)は、荒野・山岳地帯での走行を想定して作られているため、耐衝撃性が高く、軽量に作られている上、安定した走行ができます。そのため、とても扱いやすく、さまざまな方に利用されています。カラダの中でも、大きな筋肉である太もも(大腿筋=だいたいきん)の筋力トレーニングにもなるので、基礎代謝量がアップし、太りにくいカラダ作りにも効果があります。
マウンテンバイク(MTB)の安全性を保証するため、社団法人 自転車協会(BicycleAssociation)では、マウンテンバイク等安全基準を定めていますが、1980年代後半のマウンテンバイクブーム以来、『MTB類形車』と呼ばれるものが一般に普及されています。『MTB類形車』は、マウンテンバイク等安全基準に沿った正式なマウンテンバイク(MTB)と違い、悪路での走行が禁止されています。
マウンテンバイク(MTB)をモデルとした『MTB類形車』は、悪路での走行が禁止されているとはいえ、一般道での利用に関しては、その耐衝撃性や軽量、安定走行は、問題ありません。さまざま場面で、さまざまな楽しみ方ができるマウンテンバイク。健康増進効果もあることだし、いろんなところで、楽しんでみてはどうでしょうか。


RSS関連リンク
グレードアップされたマウンテンバイク
最初のグレードアップは、リヤディラーでした。 増速、減速時のギヤチェンジ時に嫌な音ばかり、気になりましたね、次はフロントフォーク、リヤサスペンション、前後輪のギヤ、クランク、その頃になったら1?でも軽くしてやろうという気持での交換です。 ...

5月3日にNHK BS2が自転車の2時間特番を放送!
本格的なマウンテンバイクの達人から、電車に自転車を持ち込んで行動範囲を広げる輪行の達人、卓越した技で自分だけの一台を作る手作り自転車の達人、そして手軽に旅を楽しめるレンタサイクルの達人。自転車に乗ったことのある人なら誰でも楽しめる自転車 ...

健康クラブ | スポーツ